上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の蚊はいつまでも痒みが残るわい。





最近の悩みは、家庭と仕事の両立について。

だんだん責任のある立場を負うことになってきて、もっと集中して仕事に取り組みたいんだけど、
家事の不十分さや、自分の時間欲しさでつい逃げ続けてる今日この頃です。


これからたくさんの仕事を覚えていかなきゃならないのにね。

店のチラシ作り、仕出しや売り出しの献立作り、各種資格の取得、事務仕事、その他もろもろ。





普通に社員として働く人であれば、こんなこと当たり前にやってることなんでしょう。


きっと8時から17時まで、集中して仕事に取り組めば、これくらいのことどうって事ないんだよね。



まー、生来のだらしない性格と、自宅兼職場という環境に甘えてこんなことになってるのよね。



どうやったら集中して仕事に取り組めるか、
結局自分に鞭打って取り組むしかないんだけど、ここはまた何かに甘えたい私であります。




やっぱ、家の中はきれいにしておきたいじゃない?
昼寝もしたいじゃない?
茶碗なんて洗うのめんどくさいじゃない?

このへんできたらちゃんと仕事できるのになーなんていいながら、
今回食洗機導入作戦を展開しましたが、リフォームまで待てとのジョニ夫の命令で頓挫。
がっくしであります。

一分一秒ももう待てないよー!!!




そーかそーか。結局頑張るしかないか。




どっか連れてけと喚く子供達をなだめながらする仕事は切ないです。

早く終われ、夏休み。



鬱々してるなぁ、今年の夏は…。
スポンサーサイト
15日の余市きのこ楽団の楽譜届いた。

…久々すぎて譜面が読めませんorz


でも、昔と違って今はYouTubeとかで音源拾えるもんねーとか思ってたら、もう楽譜屋のwebで試聴できるんだってよ!
楽な時代になったもんだよねぇ…しみじみ。

さて、久々に楽器出すか…。


なんせ練習嫌いなもんで、学生時代は苦労しました。

今思うとホントに無駄な金を親に使わせて、卒業してあっという間に結婚してそれが人生のコンプレックスの一つだわよ。


結婚した事は後悔してないし、むしろ自分にとって大きなプラスになったと思ってますよ。

結婚しないでモソモソ音楽続けてたとしても、あんまり良い結末にはならなかったと思うし。





今はこんなに音楽聴きまくって、クラシックオタクに足突っ込み始めてる位音楽に飢えてるはずなのに、
それでも自分でやろうと思わないあたり、結局自分のやってた音楽は現実逃避だったんだよね。情けない。



いつも終ってから後悔するのは子供の頃から全く変わらない。


いつになったら後悔しない生き方が出来るのかと思ったら、今この瞬間から動き出すべきなんだろうけど。




Android携帯からの投稿

春の曲と言えば? ブログネタ:春の曲と言えば? 参加中



今更音楽史なんて知りたくなってググってたら、旦那に見られた。


や、今更遅いですよね。や、おそいです。学生時代にちゃんとやっとけばよかったって今更後悔してます。ハイ。


春の曲といえば間違い無くヴィヴァルディの春でしょ。


恥ずかしながらこの曲が、春夏秋冬それぞれ協奏曲になってるってのを今日知りました。


ってか、フルで今はじめて聞いてますwwwwww



いろいろあって旦那が「聞け」って掛けてくれました。

お互い音楽から随分遠い世界にいますが、耳はまだまだ腐ってません。


フィリックス・アーヨとイ・ムジチ合奏団の演奏です。


お手本みたいな演奏ですが、

「こんな演奏やれるならやってみれ」

といってるような確実で無駄がなく、曲の感情に流されず、かつ叙情的で完璧な演奏でした。はい。


でも、昨日の残りのラーメンをすすりながら聞く曲じゃねーよな・・・。






ペタしてね

2005.09.03 ま゛っ!!

today's晩御飯は、レトルトカレー。


基本的に、レトルトものはヤカンで温めます。


カレーのときは、お湯を沸かすときに卵をひとつ、

水に沈めておくと、ちょうど出来上がりのころに半熟のゆでたまごになります。



(゚Д゚)ウマー!




今日のてーまは音楽・お仕事になってますが、

これと言ってたいした内容でもないです。


お隣さんがさっきからずっと初見演奏と思われるピアノをひいているんで、

思い立ったが吉日。ということで

ちょっとオイラのお勧めピアノ曲をご案内。



ルプー(ラドゥ), ブラームス

ブラームス:ピアノ小品集


このCDは物心ついたときから実家にあったんですが、

良いなとおもって聞き始めたのは高校生のころ。

真夜中に漫画を描きながら、坂本龍一のスムーチーと一緒に

リピートリピートひたすらリピートできいてたです。

間奏曲Op.118-2は短大時代に一度弾いたこともある思い出の曲。

(2月末が試験日だったくせに正月ころにふと思い立って弾き始めた、今思い出すと鳥肌ものの大冒険をした曲です。ちなみにピアノの腕前は、5歳から15歳まで習ったにもかかわらず、ショパンの即興曲すらまともに弾かせてもらえなかった。それくらい。ピアノの神様ごめんなさい。)

お次は

ジルベルシュテイン(リーリャ), ムソルグスキー, タニェエフ, メトネル
ムソルグスキー:展覧会の絵

キタコレ。

展覧会の絵なんてお約束みたいなもんなんですが、

私が聞いてほしいのはムソルグスキーじゃなくて、


メトネルの方なんですね。


正直いってジルベルシュテインの演奏はオゲフィン。

かゆいところに手の届かない演奏なんですわ。


あ~、

あん、そこ・・・・


もっとゆっくり…



みたいなw





んで、別バージョンのメトネルが聞きたくて

メジューエワ(イリーナ), メットネル
おとぎ話/忘れられた調べ~メトネル作品集

を購入。


メトネルの、「忘れられた調べ」より(祝祭の舞曲)

って曲が好きなんですが、

結局ジルベルシュテインのほうが勢いがあって聞きやすかったのは内緒の話です。






んん~、きょうはこんなところかしら。


割と近現代の作曲家がすきなんです。偏屈さんだから。

関係ないと思うけど。


これ見て「聴いてみたい!!」

って人がいたら、ぜひ感想をきかせてください。


でわ('A`)ノシ

2005.01.25 2005-01-25
レッスンのお仕事をやってると、
自分の実力不足とか知識不足が痛いほど分かってきます。

もう、マジで痛い。

それ以上ちくちくしないでってくらい。


でも、ふとしたことで
自分の練習のきっかけをつかむことが出来たりして。

なかなか痛いだけじゃないんだな。






ただ、たった一言、言いたい。










高校生諸君。

悩む前に、









出すだけでいいから音を出してくれ。








そりだけ・・・。





単純なことだけに一番切実です。




もちろん、出すだけじゃ駄目なんだけどね。




詳しい説明はめんどくさいからいいや。










さてさて、さいきんのオイラ。

自分の中の今年の課題曲を、少ない記憶のレパートリーの中から
引っ張りだしている昨今です。



あれはコレだからやりたくないし、

これはそうだからやりたいけど、こうだし・・・。



もう悩んでる暇あったら全部やったれ。
どうせおまいはフリーターに縮れ毛が生えたくらいなんだから
暇だろう。
と思う。





そう。暇なんですよ。
ひま。
うそ。





ひまじゃね~ぇよ。


こう見えても、2月の演奏会とか
レッスンとかでばたばた札幌中をはしりまわってんだzo!







と、胸張っていってみたい。




実際のところ、のんべんだらりしてるだけで
あまりなにもしてないからなぁ。





とりあえずここで宣伝。




2月にオイラのやってるサックスアンサンブルの演奏会が
なぜか福岡であります。




なんでかというとー、うちのせんせーの地元だからです。

ほかのめんばーが、おいらと同い年なんだけど
オイラは短大卒。他のやつは大学生なので、かるい卒業旅行にでも・・・。

そーゆーことで、演奏会があります。



近くの人は来て見てよろしくまってます!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。